「 ミステリー 」一覧

ボトルネック

ボトルネック

ボトルネックは米澤穂信作品の中でも、特に後味が悪く、その分読者に突き刺さる物語です。 自分が生まれる代わりに、生まれるはずのなかっ...

理由

理由

宮部みゆきさんの「理由」は、第120回直木三十五賞を受賞した稀代の傑作です。 個人的には「火車」とともに、現代社会ミステリーという...

追想五断章

追想五断章

あなたはリドルストーリーはお好きですか? リドルストーリーとは結末を明示しない小説のことで、真相は読者の想像力に委ねられます。...

噂

荻原浩さんといえば、「明日の記憶」や直木賞を受賞した「海の見える理髪店」などが有名であまりミステリー作家としてのイメージはないかもしれま...

愚行録

愚行録

今作品「愚行録」は、「慟哭」「プリズム」などで知られる貫井徳郎さん渾身の”イヤミス”です。 人の秘密を暴いていくような背徳感、すべ...

白夜行

白夜行

白夜を歩く二人の男女を描いた長編ミステリー大作「白夜行」。ドラマ、映画と映像化作品を見たという方はいても、原作はまだ読んでいないという方...

境遇

境遇

テレビドラマのために書き下ろされた今作品。親に捨てられた子どもたちが大人になった姿を描いているのですが…。個人的には「告白」「少女」...

笑うハーレキン

笑うハーレキン

久々に道尾秀介さんの作品を読みましたが、やはり安定感のある良作でした。面白くて、ちょっといい話で、手軽に読める本を探している人におす...

スポンサーリンク
336
336