面白い小説に出会える選び方

シェアする

乱雑する書籍

こんにちは。皆さんはどうやって普段買う本を決めていますか?

面白そうだな~と思って買った本がイマイチで、あんまり読む手が進まないとなんだか悲しくなりますよね。そんなふうにいつの間にか本から遠ざかってしまうこともあると思います。

ということで今日は、皆さんが読書生活から遠ざかってしまわないために、おすすめの小説の選び方を紹介します!

スポンサーリンク
336

おすすめ!小説の選び方

本屋さんは左手前の本が人気?

これは以前テレビで見た豆知識なのですが、本屋さんで目を落とすと上から表紙が見える状態で陳列してある文庫本たち。

実はあの陳列法では、左手前にある本が今人気の本らしいんです!

人間は左のものから自然に見てしまう習性があるらしく、だからこそ店員さんは左手前に今人気の本、本屋さんが売り出したい本を陳列するんだそうですよ。

あんまり面白そうな本がないな~と思ったら、左手前に並べてある本を何も考えず手に取ってみるのもいいかもしれません。

Twitterで検索してみる

ネットで面白い本やおすすめの本を検索する人は多いと思いますが、Twitterで検索をしてみたことはありますか?

Twitterでは世間の読書好きの皆さんの素直な感想を覗くことができます!おすすめなのは気になった本のタイトルで検索をしてみること。

本屋さんで気になる本があったとき、それが本当に面白い本なのか判断できず買うか悩んでしまうときってありますよね!

特にお金がないときなんかは、なけなしのお金で買う本ってとても悩みます…。そんなときに本のタイトルでTwitter検索をしてみると、たとえば「ノルウェイの森、内容は難しいけどミドリがとにかく可愛い…」とか「私の男は桜庭一樹のなかでは今までで一番おもしろかった!」というように本に関する率直な「つぶやき」を見つけることができます。

ちなみにこのノベナビもTwitterアカウントがあるので、ぜひ見つけてみてください!

気に入った作者の本を一気読み

私がよくやってしまうのはこの方法。気に入った本があったら、その作家の本をひたすら読みまくります!だってその人の書いた本が面白いということは、きっとその作者と小説の好みが合うということ。

だからだいたいの場合は同じ作者が書いた本なら面白いと思えるはずです。ただ出版時期に大きく差があったりジャンルが違かったりすると、たまに「あれ・・違う・・・」ということもあるのでご了承ください(笑)

ちなみに私はこれで村上春樹さんと重松清さんの小説はほとんど網羅しています!たとえば読書家の人と話すときにも、一つの本の趣味が合えばそこからその作家の話をひたすらできるようになるので、そういう意味でも便利です。

地元や知っている場所が舞台の本を読む

本を読んでいて「あ、この場所知ってる!懐かしいな~」と思うとなんだか楽しく読み進められますよね。私は吉祥寺の近くに済んでいたので、わりとよくこういうことがあります。(高円寺や吉祥寺近辺の小説ってなぜかよく出会いませんか?)

自分の地元と同じ出身地の作者の本を読んでみると、地元を舞台にした本と出会いやすいです。ぜひ試してみてください。

海外の小説を読むなら翻訳家で選ぶ

海外の小説に苦手意識を持っている人は読書好きの人にも多いです。でも海外小説を読んでいるのって、なんか憧れますよね!

海外の本で何か面白いものを探したいと思ったら、まず自分が好きな作家が翻訳家もしていないか調べてみてください。

たとえば村上春樹さんは多くの小説の翻訳をしています。「キャッチャー・イン・ザ・ライ」もその代表作。好きな作家の文体なら、普段は読まない海外小説も楽しく読めるはずです!気に入った海外小説があったら、同じ翻訳家が翻訳している本を探してみるのもいいでしょう。

ノベナビでは、おすすめの小説を紹介する特集記事も用意しています。

面白い小説を探している方はぜひ参考にしてみてくださいね!

ノベナビ特集記事一覧へ

スポンサーリンク
336
336

シェアする

フォローする