「殺人犯はそこにいる」のあらすじと感想【一部ネタバレあり】

シェアする


今作品はジャーナリストである清水潔さんが、未解決のまま時効が成立しようとしていた連続殺人事件の真相を追う軌跡を描いた、ノンフィクション作品です。

とある書店で、中身が分からないように特製のブックカバーで本を覆い隠し、「文庫X」として宣伝されたことも大きな話題を呼びました。

なぜあの書店は、そこまでしてこの本を多くの人に読んで欲しかったのか。

それは実際にこの作品を読んでみれば、きっとあなたにも伝わるはずです。

ということで小説ではありませんが、今回は「殺人犯はそこにいる」のあらすじや、実際に読んでみた感想を書いていこうと思います。

スポンサーリンク
336

殺人犯はそこにいるのあらすじ

5人の少女が姿を消した。群馬と栃木の県境、半径10キロという狭いエリアで。同一犯による連続事件ではないのか?なぜ「足利事件」だけが“解決済み”なのか?執念の取材は前代未聞の「冤罪事件」と野放しの「真犯人」、そして司法の闇を炙り出す―。新潮ドキュメント賞、日本推理作家協会賞受賞。日本中に衝撃を与え、「調査報道のバイブル」と絶賛された事件ノンフィクション。

「桶川ストーカー殺人事件」を独自取材し、警察より先に真犯人の行方を突き止め、警察が隠蔽しようとした不正まで解き明かした伝説の記者・清水潔さんは、日本テレビの特集「日本を動かすプロジェクト」のため、過去に起きた連続女児誘拐殺人事件の捜査を始めます。

半径10キロ圏内で5人の女児が誘拐、殺されてしまったこの事件は、同一犯人の連続誘拐殺人事件のように見えます。

しかし実はこの5つの連続誘拐事件のうちの一つ「足利事件」ではすでに犯人が捕まっており、残りの事件は不起訴処分が下りており、半ば解決した事件として扱われていました。

なぜ「足利事件」だけ起訴され、他の事件は不起訴処分となっているのか。

清水潔さんが捜査を進めていくうちに、いくつもの疑問点が浮かび上がってきました。

足利事件が有罪となった2つの証拠

「足利事件」で容疑者として捕まった菅家利和さんは、警察側が提示した2つの証拠によって有罪判決が下されました。

一つは犯行が起きた時刻に、菅家さんと思われる男性が被害者と思わしき女児を荷台に乗せ、自転車を漕ぐ姿を見たという証言でした。

菅家さんも警察から取り調べを受けた際、この証言通りに犯行の経緯を自白しており、犯人からの自供も取れたことで警察は起訴に持ち込んだのでした。

そして残る一つの証拠が、当時は最先端の捜査技術であった「DNA型鑑定」です。

当時、鑑定が可能だった「DNA型」が一致する人間は1000人に一人と言われており、被害者の遺体に付着したDNA型と菅谷さんのDNA型が一致したことで、有罪判決が下されることになりました。

しかし清水潔さんが独自に操作を進めていくうちに、警察側が提示した2つの証拠は信ぴょう性が低いことが明らかになっていくのです。

警察にもみ消されてしまった証言

調べていくうちに、もう一つ有力な証言を警察が手に入れていたことが判明します。

それはルパン三世に似た男が、被害者と思わしき女児を連れて歩いていたという証言です。

目撃者の女性は美術の教師だったこともあり、目撃した犯人の風貌や状況のデッサンまで残していました。

当時の報道記録を調べてみると、警察たちはこの証言を手に入れ、証言に基づき捜査を進めていたことが分かります。

しかし菅谷さんが容疑者として浮上したことで、いつの間にかこの証言はなかったことになり、急遽女児を荷台に乗せて自転車を漕ぐ菅谷さんの目撃証言が浮上していたのです。

さらに捜査を進めていき、被害者の母親から「あの子は自転車の荷台に乗ることはできなかった」という証言も得ることができました。

清水さんは、もしかすると警察はいつも自転車を漕いでいた菅谷さんを犯人にするため、警察が架空の証言を作ったのではないかという疑いを持ちはじめます。

最新技術でDNA型を再検査した結果、一致せず

有罪の決め手となったもう一つの証拠である「DNA型判定」も、調べを進めていくとかなり正確性の低い鑑定結果であったことが明らかになります。

当時千人に1人しか一致しないと言われていたDNA型も、当時の技術では数百人に1人程度しか絞り込めないことが判明しました。

また当時の測定方法にも誤りがあり、数年後には全く新しい測定方法へと規則が変更されていたのです。

しかし菅谷さんが何度もDNAの再鑑定を訴えても、裁判所が応じることはありませんでした。

そこで清水潔さんは、菅谷さんのDNAを手に入れ、当時行われた手法を最新の技術でもって再鑑定を行ったのです。

その結果、当時警察側が提示したDNA型判定は、数値が誤っていることが判明します。

こうして2つの証拠の信ぴょう性がかなり低いことを証明した清水潔さんは、日本テレビの特集番組を通して「足利事件」の冤罪疑惑を訴えていくことになります。

すべては未解決のまま終わろうとしている連続誘拐事件の解決のため、まずは間違って犯人として捕まってしまった菅谷さんを助け出さなくてはなりません。

しかし冤罪を起こしたことを認めたくない警察は、「桶川ストーカー殺人事件」のときと同様に、隠ぺいするためにあらゆる手を講じます。

こうして清水潔さんは再び警察と戦うことになります。

果たして菅谷さんの冤罪を証明することはできるのか、そして真犯人を捕まえることができるのか。

この作品の結末と、著者が伝えたかったメッセージはぜひ自分の目で確かめてみてください。

ということで、ここからは「殺人犯はそこにいる」を読んだ感想を、ネタバレ要素ありで書き綴っていこうと思います。

まだ未読の方は是非読んでから、ここから続きをご覧になってくださいね。

警察の保身はどんな凶悪犯罪より恐ろしい

この作品で最も恐ろしいのは、野放しになっている真犯人よりも、自分たちを守るためならどんな手段でも取る警察たちでした。

彼らは自分たちの身を守るためなら、正義を捨ててもいいのかもしれない、と「真犯人はそこにいる」を読んでしまうと恐ろしくなってしまいます。

また私たち市民の固定観念も、警察に勝る劣らず恐ろしいものだと実感しました。

一度犯人だと報道されてしまえば、

「疑われる理由があったんだ」

「本当はあいつが犯人だったんだよ」

と、世間から常に疑いの目を向けられることになります。

足利事件ではマスコミの力によって冤罪が判明されましたが、逆にマスコミによって犯罪者に仕立て上げられた被害者もたくさんいるんですよね。

今やSNSの発展によって誰でも発信者になった現代では、それぞれが自覚と責任をもって行動しなければなりません。

本当に守るべき正義とは何なのか、この本を読んで多くのことを学んだ気がします。

ということで、今回は小説ではありませんが、話題となった「殺人犯はそこにいる」のあらすじや感想を紹介させていただきました。

読めばきっとあなたの心にも正義の炎が灯るはずです。

普段ノンフィクションを読まないという方も、ぜひ一度手に取って読んでみてください。

スポンサーリンク
336
336

シェアする

フォローする