旅猫リポート(有川浩)のあらすじ感想【ネタバレ注意】

シェアする

旅猫リポート

恋愛小説といえばこの人、とまで呼ばれるようになった有川浩が描く猫とその相棒の物語「旅猫リポート」。

2018年、福士蒼汰さん主演で映画化されることが決まりました!

猫好きにはたまらない、猫が主人公の小説。こう書くとちょっとファンタジー要素が強くて大人は楽しめるのかと心配になってしまいますが、むしろ大人の人におすすめしたい作品でした。

そんな、猫と人間の温かい関わりを描く「旅猫リポート」のあらすじ・ネタバレを紹介します!

スポンサーリンク
336

旅猫リポートのあらすじ

ある日車にはねられたところを宮脇悟という男性に助けられ、そのままその飼い猫となった元野良猫、ナナ。
ナナは頭がよく、悟は大の猫好き。1人と1匹は最高のパートナーとして暮らしていました。
しかし5年が経ち、悟はとある事情からナナを手放さなくてはならないことに。
そこで悟は古くからの大事な友人へ「僕の猫をもらってくれませんか?」とお願い。ナナとその友人たちをお見合いさせることにします。
そうして素敵な銀色のワゴンに乗って、悟とナナの最後の旅が始まったのでした。

旅猫リポートはその名の通り「旅する猫による旅の記録」です。
その旅は、ナナの新しい飼い主を探すというもの。
ナナは悟につれられて悟の友人に出会い、これまで知らなかったたくさんのものや、悟の人生を知ります。
そして旅の間に出会うのは、人だけではありません。
ナナは富士山や海など、野良猫として暮らすなかでは絶対に知ることのなかった景色に、悟と一緒に出会います。

旅猫リポートの感想・おすすめポイント

猫の視点がリアルで可愛すぎる!

作中はナナが語り手となり物語が進みます(途中各レポートの主役による回想もありますが、ほとんどはナナ目線)。

物語の序盤、悟がまだ野良猫のナナに対して「触ってもいい?」と声をかけたとき、ナナは内心「なんでタダで触らせてやらなきゃならないんだよ」というようなことを言うのですが、ファンタジーが苦手な人はもうこの時点でギブアップしてしまうかもしれません(笑)
実際のところ、もちろん猫はしゃべらないですし、何を考えているのか、はたまた猫が何か考えているのか、人間の私たちにはわからないですからね。

でもさすが有川浩というべきか、「旅猫リポート」に登場する動物たちは、みんな人間のように個性を持ち、読者がどこも引っかからないくらいリアルに猫の心情を描いています(ここでいうリアルが本当にリアルかと聞かれると困りますが)。
とにかくすごく自然なんです。

旅の途中で出会う、ナナ以外の犬や猫もすごく魅力的なキャラクターをしています。
悟たち人間がそれを理解できないのが非常にもったいないくらいです。

「猫好きあるある」がたくさん

猫を飼ったことがある人なら「あるある!」と思わず嬉しくなるような仕草がたくさんあるのも「旅猫リポート」の魅力の一つ。

たとえば、ナナは薄型のテレビよりも温かくて上に乗れる箱型テレビが好きです。
悟が落ち込んでいるときにはナナがそっと寄り添います。猫って人間が悲しんでいるとき、なぜかその様子を察知してそばにいてくれますよね。

そんな「猫好きあるある」を見つけるのも「旅猫リポート」を読む楽しみになるのではないでしょうか。
特に、昔猫を飼っていたけど今は飼っていない、そんな人に読んでほしいです。
読み終えたときには思わず新しい飼い猫を探してしまうと思います(笑)

悟はなぜナナを手放さなくてはならなくなったのか

ナナの新しい飼い主を探す中で、この謎がだんだんと明らかになってきます。
この謎があるからこそ、そんなに猫が好きではない人でも楽しめる小説になっているのではないでしょうか。
あとこの悟が、結構悲しい過去の持ち主なんですけど、すっごく性格がいいんです。
ナナからだけではなく、悟からジーンと感じるものもたくさんありました。

それではここからは「旅猫リポート」のネタバレに入ります。
そんなナナの4本のレポートがあつまったのが「旅猫リポート」です。
旅猫リポート

旅猫リポートのネタバレ

「旅猫リポート」は以下のように構成されています。

  • Pre-Report:僕たちが旅に出る前のこと
  • Report-01:コースケ
  • Report-02:ヨシミネ
  • Report-03:スギとチカコ
  • Report-3.5:最後の旅
  • Report-04:ノリコ
  • Last-Report

Pre-Report

ここではナナと悟の出会いが語られます。
ナナが最初に出会ったのは、後に2人が旅をする銀のボンネット。生粋の野良猫であったナナはここをお気に入りの寝床して利用していました。するとその持ち主である悟が餌をくれるようになり、ナナは悟の物分りの良さを大変気に入ります。

そんなある日、ナナは車にひかれて足に傷を負いました。野良猫にとって怪我は命取り。そんなときに思い浮かんだのは悟の顔。野良猫なのに、あいつなら助けてくれるかもしれない、と悟を頼ってしまったことをナナは恥じますが、ナナは足を引きずりながらボンネットの前にたどり着き、悟を呼びました。すると悟がマンションから出てきて、ナナは動物病院へ。これがきっかけでナナは悟の飼い猫になるんです。

ナナは悟が昔飼っていたハチという三毛猫にそっくりだといいます。傷が治ったとき、悟もナナも、ナナはまた野良猫に戻るものだとばかり思っていました。しかし、ナナはドアの外に出て悟と一緒に散歩をしたあと、悟のマンションにまたしっかり戻ってきました。

そこから5年間、1人と1匹は着実に絆を深めていきました。しかし悟はナナを手放さなくてはならないことになり、銀のワゴンに乗って最後の旅にでかけるのです。ナナは頭のいい猫なので、車内のトイレを汚さずに使い、本当はケージから外に出ることができるのに、出てはいけないと思ったときには絶対に出ていきませんでした。

Report-01:コースケ

まず悟があたったのは、小学校の同級生のコースケのもと。実は小学校のころ、悟はコースケと一緒にハチという猫を拾っていました。紆余曲折ありハチを飼うことになったのは悟でしたが、コースケと一緒に育てていたようなものです。そこでナナを引き取ってくれないかと踏んだわけでした。

コースケと親しくしていた小学生のころ、悟は両親を亡くしました。そのときも、今回のナナと同じようにハチを飼い続けることができなくなり、コースケに引き取ってくれないかとお願いしたことがあります。そのときはコースケの父親が猛反対したのでだめでしたが、大人になったコースケなら大丈夫だと思ったのです。

コースケは「猫を飼ったら猫好きの妻が戻ってきてくれるかもしれない」という考えもあって、ナナを引き取ろうとします。しかしナナは頭のいい猫なので、そんな姑息な考えをしている人に引き取られたくはないと猛反発。悟はコースケに対して「奥さんとはまっさらな猫を飼ったほうがいいよ」と伝えて、ナナと一緒に帰りました。

Report-02:ヨシミネ

次に会いに行ったのは、中学生の同級生であるヨシミネ。ヨシミネは畑を持っているので、ネズミを食べてくれる猫を欲しがっていたのでした。

ヨシミネと悟は中学の頃、たった2人の園芸部を一緒に立ち上げた親友です。ヨシミネは中学二年の頃に悟の学校に転校してきました。転校の理由は両親の離婚。おばあちゃんの家に引き取られたからです。
クラスの担任は、転入してきたヨシミネを紹介するとき、なんとこの事情をまるまる話して「かわいそうだから仲良くしてあげてね」と伝えました。転入してきた側からすれば最悪の紹介です。そんなときに声をかけてくれたのが悟でした。悟も両親を亡くしていることで同じようなめにあっていたのです。2人は意気投合し、青春をともにしました。

ナナは2人の思い出話を聞きながら、ヨシミネが拾ったという猫、チャトランに狩りを教えます。チャトランは首根っこを掴んだときに後ろ足がダランと垂れ下がる「狩れない猫」だったからです。だからヨシミネは狩りができる本当の猫を探していました。
ナナはこの家には引き取られないとわかっていたので、まだ子猫のチャトランに「狩りができたら君の飼い主はすごく喜ぶよ」と自分を相手に狩りの練習をさせます。
悟とヨシミネはこれを二匹の相性が悪いととらえて、ナナはまた悟ると一緒に家に帰ることになるのでした。

Report-03~04、悟との別れ、ナナの脱走

こんなかんじでナナは悟と縁が深い人のもとを順番に訪れていきます。最後にたどり着いたのは、悟の叔母であるノリコのもと。しかし引き取られたのはナナだけではなく、悟も一緒でした。悟は癌を患っており、保護者であるノリコと同居することになったのです。この病気がきっかけで、悟は仕事をやめてナナの引取先を探す旅に出ていたのでした。

旅の途中で出会う動物たちは悟のことを「あいつはもう助からないにおいがする」と口々にいうのですが、それは癌だったからです。ナナはずっと前からそれをわかっていて一緒に旅をしていたのでした。切ない…。

ノリコは猫が苦手だったのですが、ノリコの妹である悟の両親が死んだときに悟がハチと離れ離れになったことを覚えていたので、仕方なくナナも一緒に引き取ることにしたのでした。ノリコは最初、ナナに対して本当にメチャクチャな対応をします(笑)ここもおもしろポイントです。

悟の余命は1年といわれていました。徐々に入院が長くなり、ついにナナに永遠の別れを告げます。
病院の庭で、ノリコに抱かれたナナに悟は別れの言葉を言いました。ノリコは一度ナナを車に戻します。そして、ナナは車を飛び出しました。ナナはまた野良猫に戻ったんです。それには理由がありました。

ナナは通い猫に

ナナはノリコの家を離れ、病院のそばに身をおくことにしました。悟の通い猫になったのです。悟のそばにいるためなら、また野良猫になっても構わないと思ったからでした。

ナナはそれから毎日、悟が庭に散歩に出てくる度に姿を現しました。病院のそばに住んでいる先輩ネコとも仲良くなり、患者たちからも好かれるように。しかし悟の病気は日々彼の体を蝕み、ついに最期の時が訪れます。

悟の死~Last Report

「悟さんは今にも息を引き取りそうです。すぐ病院にきてください」その知らせを受け、ノリコは病院に駆けつけます。

病室には苦しそうな悟がいました。ノリコは思わず「猫を病室につれてきていいですか!?」と尋ねます。これまではルールを破ったり、猫を家族同様に扱うなんて考えられなかったノリコでしたが、ナナの存在で考え方が変わったのです。医者の答えはこうでした。「いいですかと聞かれれば私たちは駄目だと答えるしかありません!」要するに、早く連れてこい!ということ。ノリコは急いでナナを病室につれてきました。

そしてナナの頭をなでながら、悟はついに息を引き取りました。
悟の家には、これまで悟とナナが訪れた縁深い人たちが集まり、思い出話に花を咲かせます。みんなナナという共通の話題があるのですぐに仲良くなりました。

Last Reportでは、ナナが天国に行くときのレポートが描かれています。ここは是非実際に読了してから、しっかり読んでほしい部分なのでネタバレはしません。このLast Reportが「旅猫リポート」を読み終えたあとの、じんわり暖かくなる気持ちを後押ししてくれています。

このあたりは思わず泣いてしまいました…。

スポンサーリンク
336
336

シェアする

フォローする