どちらかが彼女を殺した

シェアする

どちらかが彼女を殺した

読者に最後まで犯人を明かさないという前代未聞の試みで作られた今作品は、ミステリーオタクから初心者まで幅広く楽しめる良作です。ぜひメモを片手に、加賀刑事になりきって真犯人を暴いてみましょう!

スポンサーリンク
336

どちらかが彼女を殺したのあらすじ

最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か?女か?究極の「推理」小説。

今作品は至ってシンプル、容疑者は2人しかいません。最後の最後でどんでん返しという展開はないので、安心して推理に集中してください。たださすがは東野作品ということもあって、ドラマパートは思わず読み込んでしまいますね。手がかりは些細な文章にも紛れ込んでいるので、感情移入しすぎないように注意しましょう!

どちらかが彼女を殺したのおすすめポイント

解けたら嬉しい、解けなかったら悔しい、絶妙な難易度!

こういった犯人さがしのミステリーでは、序盤ですぐに分かってしまう簡単なものか、絶対初見では解けない難解なものの2極化が多いです。しかし今作品では難易度がちょうど良いので、解けても解けなくても楽しく終わることができます。

読み返してみると、読者が推理するためのヒントを序盤からどんどん出していて、東野圭吾さんの勇気に驚きました。しっかりと読み込めば必ず犯人は分かるはずなので、すぐに諦めて解答サイトを見ないように頑張ってください!

探偵に転職したときに役立つ指南書

「どちらかが彼女を殺した」では、探偵役が犯人を追いつけていく様子が細かく描かれるので、探偵に転職した際には役立つかもしれません。とくに落ちた髪の毛で容疑者を絞り込むあたり、現実世界でも浮気調査などに使えそうです。

恋人の挙動が最近おかしいと感じたときには、顕微鏡片手に部屋の床に落ちた髪の毛を徹底的に調べてみましょう。

どちらかが彼女を殺したの感想

お兄さん交通課なのに凄すぎない…?

今作品「どちらかが彼女を殺した」では、探偵役が二人います。被害者の兄・康正と刑事の加賀です。読者は基本的に被疑者の兄・康正の視点から物語を追っていくので、彼の行動はすべて知ることができます。

康正は警察官ということもあり、妹が殺された真相を暴こうと一人で捜査を進めていきます。しかし彼、冷静に考えたら交通課の人間なんですよね(笑)

今まで殺人事件の捜査なんてしたことないのに、加賀さん並に冴えた推理力を発揮し、事件の8割程度は一人で解いてしてしまいました。今回の事件が解決した暁には、刑事課の方に異動することをおすすめしたいですね。

次作「私が彼を殺した」との比較

推理のしやすさでいえば、「どちらかが彼女を殺した」の方が解きやすいと思います。「私が彼を殺した」では、容疑者が3人に増えるため、推理もより複雑になります。また3人の容疑者の視点で物語が進むため、情報の混乱が生じやすいという難しさもあります。

しかし、小説としてのストーリー性は、「私が彼を殺した」の方が深みがあって私は好きですね。あと「私が彼を殺した」の方の被害者は人間として最悪なので、容疑者にいらいらせずにすみます(笑)

私としてはまず「どちらかが彼女を殺した」にチャレンジして、感覚を掴んでから「私が彼を殺した」に挑戦して欲しいですね。

私が彼を殺したのレビューはこちら⇒私が彼を殺したのあらすじ・感想

スポンサーリンク
336
336

シェアする

フォローする