イノセント・デイズ/あらすじと解説(ネタバレあり)

シェアする


読み終わったあと、深いため息とともに最も印象に残ったシーンを振り返る。

これって名作を読んだときしか味わえない、至福のひとときですよね。

そして今回紹介する「イノセント・デイズ」は、そんな至福のひとときを私にもたらしてくれました。

ただただ切なく、辛いストーリーなのに、なぜこんなに読者の胸を熱くするのか。

今回は読み終わったばかりの興奮そのままに、イノセント・デイズのあらすじとレビューを書いていこうと思います。

スポンサーリンク
336

イノセント・デイズのあらすじ

田中幸乃、30歳。元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪で、彼女は死刑を宣告された。凶行の背景に何があったのか。産科医、義姉、中学時代の親友、元恋人の友人、刑務官ら彼女の人生に関わった人々の追想から浮かび上がる世論の虚妄、そしてあまりにも哀しい真実。幼なじみの弁護士たちが再審を求めて奔走するが、彼女は…筆舌に尽くせぬ孤独を描き抜いた慟哭の長篇ミステリー。日本推理作家協会賞受賞。

主人公の名は、田中幸乃。

両親から幸せを祈って「幸乃」と名付けられた彼女が、一体なぜ人を殺し、死刑判決を受けてしまったのか。

この小説は彼女の半生と、彼女を救おうとする周囲の人間たちの葛藤を描いた物語です。

プロローグ

幸乃は一人、死刑囚として拘置所でその時を待っていました。

ある日の朝、彼女の独房へ刑務官たちがやって来て、幸乃の名を呼びます。

幸乃は読んでいた手紙を片付け、落ち着いた様子で立ち上がります。その様子は死を完全に受け入れているように見えました。

そんな彼女の様子を、刑務官である佐渡山瞳は目を赤くして見つめます。

佐渡山瞳は田中幸乃が起こした放火殺人事件の裁判を見て、人生を大きく変えられた人間の一人でした。

あの裁判はおかしいことばかりだった。

田中幸乃は以前付き合っていた井上敬介の住んでいたアパートに火を放ち、妻と双子の姉妹を殺した容疑で逮捕されました。

田中幸乃は井上敬介と別れたあとも、ストーカー行為を繰り返し、警察に警告まで受けていたのです。

当然、彼女への容疑は強まり、本人の自白もあったことから、彼女は殺人犯として捕まってしまいました。

別れた男性への未練が怨恨へと変わり、放火殺人にまで発展。メディアによって復讐に狂った女として報道された幸乃の姿は、実情とは全く異なる虚像でした。

実際に裁判で彼女を見た佐渡山瞳は、そのギャップに驚き、そして強い疑念を持ちます。

彼女が本当にやったのだろうか―。

そして物語は、彼女の生い立ち、そして彼女に関わった人たちの人生を追っていくことになります。

第一章 幸乃の出産を担当した産科医の記憶

田中幸乃は17歳の母のもと生まれ、父親からは虐待を受けていたと報道されていました。

しかしそんな彼女のニュースを、産科医である丹下建夫は神妙な顔をして訊いていました。

彼は幸乃の母・ヒカルの出産に立ち会った医師で、幸乃の誕生に大きなきっかけを与えた人物だったのです。

丹下建夫は元々中絶手術に肯定的な立場であった医師でした。

しかし彼の息子夫婦の出産に立ち会い、孫の翔を自らの手で抱きしめたときから、中絶手術を行うことができなくなっていました。

そんなとき彼の病院を訪れたのが、幸乃の母・ヒカルでした。

17歳という若さで妊娠した彼女は、堕胎したいと建夫に相談します。

しかし彼は「覚悟があれば子どもは育てられる」と、本当は子どもを産みたいヒカルを諭すのでした。

そして建夫の言葉により、ヒカルはお腹の中の子どもを産むことを決心します。

ヒカルと結婚することになった男性も、歳は離れて連れ子もいましたが、誠実そうな人物と知り安心します。

きっと彼女なら大丈夫だ、早生まれで小さい体で産まれてしまった幸乃を見つめながら、丹下建夫は生まれたばかりの命の未来が、名前の通り幸せであるように祈るのでした。

2章 幸乃と一緒に暮らしていた義姉の記憶

幸乃の義姉である陽子は、父のお墓の前で幸乃と過ごした日々を振り返ります。

小学3年生だった幸乃は、母・ヒカルと父、そして陽子と温かい家族に囲まれて暮らしていました。

そして近所に住む翔と慎一という友達もでき、幸せな人生を歩んでいたのです。

しかしヒカルの母、幸乃の祖母である美智子が現れるようになり、ヒカルはもともと水商売で働いていたと、近所に噂が広まるようになります。

だんだんと世間から冷たい目を向けられるようになった幸乃と陽子。

そんな中、母のヒカルが交通事故を起こし、帰らぬ人となってしまいます。

ヒカルの葬式が終わった日の夜、悲しみに暮れた父はそれまでやめていた酒を口にします。

酒癖が悪いから酒を断っていた父ですが、泥酔してしまい、幸乃に手を挙げてしまうのでした。

たった一度の暴力でしたが、虐待の噂は近所中に広まってしまいました。

そして幸乃が殺人犯として捕まったとき、小さい頃から虐待を受けていたと、間違った事実が伝えられるようになってしまいました。

その後、幸乃は祖母である美智子に引き取られることになります。

しかし義姉である陽子は決して幸乃のことを忘れてはいませんでした。彼女には確かに幸せに暮らしていた時期があったのです。

3章 幸乃に罪を着せた友人の記憶

昔からの夢を叶えて翻訳家となった理子は、胸の奥にいつまでも取れない罪の意識を隠しもっていました。

小さい頃から本が好きだった理子は、クラスメイトの幸乃という女の子に本を貸すようになり、いつしか二人は親友といえる間柄になっていました。

しかし幸乃は家が貧乏で、存在感がなく薄気味悪いということで、クラスでも浮いた存在。

友人たちから仲間外れにされたくない理子は、幸乃と友達関係であることを周囲に隠し続けていました。

そんな中、友人に半ば恐喝されてお金に困っていた理子は、幸乃と一緒に立ち寄った古本屋で、レジから現金を盗もうとしたところ捕まってしまいます。

思わず、店主のおばあさんを突き飛ばしてしまった理子。

パニックになった理子は、まだ14歳になっていない幸乃に、身代わりで捕まってもらうように頼みます。

少年法があるから幸乃は捕まらないと勘違いしていたのです。

理子のことを誰よりも大切だと思っていた幸乃は、彼女の頼みを受け入れ、身代わりとなって警察に通報します。

こうして幸乃は児童施設に収監されることになり、再び一人ぼっちになってしまったのでした。

4章 被害者の友人から見た幸乃の実像

田中幸乃の元交際相手で、アパートが放火されることになった井上啓介の友人である八田聡は、世間で報道されている幸乃の姿が、あまりにも実像と異なることを知っていました。

聡がはじめて幸乃と出会ったのは、井上啓介から新しい彼女として紹介されたときでした。

これまでの井上啓介との好みとは正反対といえる幸乃を見て、そんなに長くは続かないだろうと聡は考えていました。

しかし予想に反して二人の関係は長く続き、次第に井上啓介が幸乃へ暴力をふるうようになりました。

早く別れた方がいいと勧める聡に、幸乃は自分を必要としてくれる井上啓介がいなくなったら生きていけないと告げます。

しかし井上啓介には新しい彼女ができてしまい、幸乃は別れを切り出されてしまいます。

ところが幸乃は別れを受け入れないどころか、執拗に井上啓介をつけまわすようになりました。

最終的に痕跡を一切残さず、引っ越しをして新しい生活を始めた井上啓介。

彼と幸乃は、決して「罪なき過去の交際相手」と一言で片づけられる関係性ではありませんでした。

5章 「その計画性と深い殺意を考えれば」

幸乃は不安定な精神状態の中、これまでの自分の人生を振り返っていた。

離れ離れになってしまった家族のこと、身代わりに罪を背負ってあげた友人のこと、そして自らの元を去って行った井上啓介のことを。

彼女は誰かに必要だと求めて欲しかったのだ。そして最後のチャンスと思っていた彼との別れを切り出されたとき、生きる希望を完全に見失っていた。

いけないことをしていると分かっていながら、ストーカー行為を続ける彼女。

そして自分がいるはずだった啓介の隣で、幸せそうに並んで歩く女の姿を見て、彼女は自殺を試みます。

しかし幸乃は、一度たりとも彼らを殺そうとは考えていませんでした。

6章 「反省の様子はほとんど見られず」

丹下建夫の孫である丹下翔は、海外で幸乃が死刑判決を受けたことを知り、急きょ帰国します。

そして「人生に一度か二度しか出会えない大きな仕事」と直感した彼は、新米弁護士として彼女との接触を試みます。

しかし実際に面会し彼女と対面したとき、翔は彼女の抱える虚無に絶望感を覚えます。

本当に自分で彼女を救うことができるのだろうか。

そんな中、子ども時代のもう一人の仲間である慎一も、一人で幸乃の事件を追っていることを知ります。

もしかすると、自分の役目は幸乃と慎一をつなぐことにあったのかもしれない。

そんなことを考えながら、翔は慎一の携帯へと電話をかけるのでした。

7章 「証拠の信頼性は極めて高い」

翔がなるべく死刑を延期させることを願っていたのに対し、慎一は本心から幸乃の無罪を信じていました。

なぜなら理子の罪を幸乃が被った現場を、慎一は物陰から見ていたからです。

彼は直感的に幸乃が犯人でないことを知っていました。そして自分しか彼女を救うことができないことも。

何年もかけて、諦めることなく捜査を続けた結果、慎一は事件現場の近所に住む老人から、重大な証言を得ることができました。

彼の思いが届いた瞬間でした。

エピローグ 死刑に処する

刑務官に呼ばれた幸乃は、絞首台へと連れていかれました。

彼女と寄り添って歩く刑務官・佐渡山瞳は激しい葛藤に襲われます。

彼女は犯人ではない、彼女の死刑を止めなければならない―。

しかし幸乃は足を止めることなく、命をかけて絞首台へと足を進めます。

そしてクライマックス、彼女を突き動かす力は一体何なのか、そして読者は最後に何を見せられるのか―。

その結末は、ぜひ本を買って自分の目で確かめてみてください。

あらすじでは省略された細かいエピソードや伏線もたくさんあるので、ここまでの前情報があっても十分に楽しめると思います。

それでは、ここからはレビューや解説を少し書かせていただきます。

幸乃が命をかけて手に入れようとしたものとは?

なぜこの物語のラストは、こうも読者の胸をえぐるのか。

それは幸乃が命をかけて、初めて自分で何かを勝ち取ろうとする姿に、感動を覚えるからだと思います。

わたし達は数百ページかけて、幸乃がいかに無垢な存在で、周囲に傷つけられ続けたのか見せつけられてきました。

もし幸乃の心がもう少し汚れていたのであれば、色々なものを心の闇に溶かし、生き続けることが出来たと思います。

しかし幸乃は本当の意味でイノセントな少女でした。そして無垢であるがゆえに、彼女は死を望むようになります。

それまで幸乃の無罪が認められることを祈っていた読者は、いつの間にか彼女が無事絞首台に立てるようにと祈ることになります。

皮肉にも彼女は死に向かうことで、初めて自分の意思を手に入れることができるのです。

そして絞首台に立つ彼女の姿を見たとき、私たちは神々しい一人の少女の姿を見ることになります。

私がこの作品を読み終わったときに得たものは、哀しみでも哀れみでもなく、賛美に近い感情だったかもしれません。

タイトル、イノセントに込められた意味

タイトル「イノセント・デイズ」のイノセントには、「潔白」や「無垢」といった意味があります。

つまりイノセント・デイズとは、幸乃の生きた人生を意味しているのですね。

しかしこのイノセントという言葉、英語圏では違った意味で使われることもあるようです。

「無垢」という意味が転じて、「お人よし」や「お馬鹿さん」といった意味で使われることもあるのです。

もし作者の早見和真さんがこの意味を知っていて使っていたとしたら、少し怖いですね(笑)

ただ幸乃の性格を思い返すと、お人好しという言葉はぴったりですね。

優しい人が損をする社会って、やっぱり嫌だな〜と月並なことも考えてしまいました。

ということで、長々と書き綴りましたが、「イノセント・デイズ」は最近読んだ作品の中で最も心に刺さった作品でした。

まだ読んでないという方は、絶対に後悔しないのでぜひ読んでみてくださいね。

またイノセント・デイズが好きな方には、こちらのページで紹介している小説たちもおすすめです。

【イヤミス】後味の悪いミステリー小説ランキングベスト10

おすすめミステリー小説ランキングベスト20!【傑作選】

スポンサーリンク
336
336

シェアする

フォローする