禁断の魔術/東野圭吾【あらすじ・レビュー】

シェアする

真夏の方程式以来となるガリレオシリーズ長編作品。

禁断の魔術はミステリーとしての完成度もさることながら、天才・湯川学の人間としての魅力も描いた、シリーズのファンにはたまらない作品です。

果たして教え子が計画する凶悪犯罪を湯川は止めることができるのか。ドキドキハラハラのストーリー展開をお楽しみください。

今回は禁断の魔術の簡単なあらすじと、レビューをご紹介します。

スポンサーリンク
336

禁断の魔術のあらすじ

高校の物理研究会で湯川の後輩にあたる古芝伸吾は、育ての親だった姉が亡くなって帝都大を中退し町工場で働いていた。ある日、フリーライターが殺された。彼は代議士の大賀を追っており、また大賀の担当の新聞記者が伸吾の姉だったことが判明する。伸吾が失踪し、湯川は伸吾のある“企み”に気づくが…。シリーズ最高傑作!

ということで、今回のガリレオは天才でも、女性でも、子どもでもなく、自らの教え子と対決をします。

果たして愛弟子でもある慎吾を止めることはできるのか、そして湯川は彼を捕まえることができるのかー。

これまでの作品よりも、より湯川学の人間性にスポットを当てた作品と言えるでしょう。

久しぶりの理系トリックにゾクゾク

ガリレオシリーズの長編小説シリーズでは、「容疑者Xの献身」で天才数学教師、「聖女の救済」ではパッチワークのプロである主婦、そして「真夏の方程式」では民宿の子どもと、物理学とは畑の違う犯人ばかりでした。

しかし今作の「禁断の魔術」では初めて、物理学の専門家と戦うことになります。

物理学の専門知識を用いたトリックで長編小説を書ききるのはかなり大変だったと思いますが、見事短編集の雰囲気をうまく長編に持ち込むことに成功したと思います。

もちろん物理なんて中学生以来勉強していないという方でも、理解しやすいように書かれているのでご安心ください。

ガリレオシリーズは長編よりも短編が好きだ!という方にもオススメの一冊です。

教師としての湯川学の苦悩が切ない

これまでの湯川学は、孤高の天才科学者として描かれることが多く、大学教授としての一面が描かれることは少なかったです。

しかし今作品では自分が手にかけた教え子が容疑者になるということで、教育者としての苦悩が明らかになります。

湯川自身、作品ごとに歳をとり、物理学の世界ではもう若手のホープと呼ばれる立場ではなくなってきています。

そんな彼が今後の後進を育てようと考えている一面を知り、人間としての成長を感じました。

初めて登場したころの湯川学と今を比較すると、だんだん大人になっているんだな〜と感心します(笑)

そろそろ次の長編では、湯川の恋事情が描かれるのではないかと個人的には期待しています。

ガリレオシリーズに込められるメッセージとは?

禁断の魔術ではこのような言葉が湯川の口から語られています。

「科学技術によって人間を傷つけたり、生命を脅かしたりすることは許されない」

初期のガリレオシリーズでは、物理トリックという真新しさもあり、毎回驚きのトリックばかりが注目されていました。

また長編を書き始めてからも、物理や科学とは少し離れたテーマが増え、ガリレオという探偵像がどんどん膨らんでいく状態に陥っていたと思います。

ただ今回は原点回帰とも言えるテーマで、科学で人を傷つけてはならないというメッセージが全面に押し出されています。

近年では北朝鮮のミサイル発射問題など、私たちも科学の力によって大きな危機に直面しつつあります。

なぜ人間は科学の進歩を続けているのか、この作品を読んで私たちはどこか間違った方向に進んでいるのではないかと、強く反省させられた気がしました。

今作品から読み始めてもOKです

ガリレオシリーズはどの作品から読み始めての同じく楽しめるというのも大きな特徴だと思います。

もちろん禁断の魔術でも、内海や草薙といったお馴染みのメンツは出てきますが、彼らを知らなくても全く問題はありません。

これも売れっ子作家である東野圭吾さんの超越した技術によるものだと思います。

自分の書く作品を客観的に見つめる能力がなければ、過去の作品に引きずられ、固定ファンしか楽しめないシリーズになっていくものだからです。

んぜ東野圭吾さんの作品は多くの人に読まれるのか。

それは徹底的に自分の作品を読者目線で捉えることができる「メタ認知能力」にあるのかな〜と勝手に思っています(笑)

ということで、伝えたかったのはとにかく今作品から読み始めても面白いということ!

この記事を読んで、あなたが禁断の魔術、およびガリレオシリーズに関心を持ってくれれば幸いです。

東野圭吾さんのオススメ作品は、こちらの特集記事でも紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

東野圭吾隠れた名作おすすめBEST10

スポンサーリンク
336
336

シェアする

フォローする