罪の余白

シェアする


愛する娘を失ったとき、父親はどうなるのか―。

まだ子どもを持たない私には本当の意味で理解できていないのかもしれませんが、この小説の主人公には胸打たれるものがありました。

あなたは自分の大切な人を殺した犯人がいると分かったとき、どうしますか?

作品全体に漂う悲壮感、憎しみ、そして愛情。

読んだ人の心を揺さぶる切ないミステリーです。

スポンサーリンク
336

罪の余白のあらすじ

どうしよう、お父さん、わたし、死んでしまう―。安藤の娘、加奈が学校で転落死した。「全然悩んでいるようには見えなかった」。クラスメートからの手紙を受け取った安藤の心に、娘が死を選んだ本当の理由を知りたい、という思いが強く芽生える。安藤の家を弔問に訪れた少女、娘の日記を探す安藤。二人が出遭った時、悪魔の心が蠢き出す…。女子高生達の罪深い遊戯、娘を思う父の暴走する心を、サスペンスフルに描く!

大学で心理学を教える主人公・安藤は、妻に先立たれながらも、一人娘である加奈を懸命に愛していました。

しかしある日、愛する娘は教室から飛び降りて死んでしまいます。

失意に沈む安藤を、同僚の早苗が必死にサポートする中、加奈の友人を名乗る一人の少女が現れます。

彼女と一緒に加奈のPCのロックを解除した安藤は、そこで加奈がクラスメイトからいじめられていたことを知ります。

「加奈をいじめた奴を殺してやりたい」

狂気に駆られる安藤、そしていじめを働いた女子高生たちはどうなってしまうのか。

予想もつかないラストに息をのむこと間違いなし、作者の熱意が伝わる良作ミステリーです。

ということで、ここからは一部ネタバレありで本作のレビューや解説をつらつら書いていこうと思います。

未読の方は一度「罪の余白」を読んでから、これから先を読むことをおすすめします。

あまりに身勝手な女子高生たちのリアル感

加奈がいい子すぎる反面、いじめを働いた女子高生2人はあまりにも身勝手。

それえが妙にリアルで、読んでいて本当にイライラしてしまいます(笑)

いじめの犯人の一人である咲は、将来芸能人になることを夢見ており、いじめが発覚したら芸能デビューできなくなると、あまりにも身勝手な理由で事件の隠ぺいをはかります。

またもう一人のいじめ仲間である真帆は、咲の機嫌をとることに必死で、彼女の友人の座を守りたいばかりに、加奈へのいじめをどんどんエスカレートさせていきます。

こんな主従関係にある二人組って、どこのクラスにも1組はいましたよね。

そして、そんな彼女たちに仲間外れにされないためだけに、いじめに耐え続ける加奈があまりにも可哀想でした。

女子高生のリアルな身勝手さ、そして悪意。

この作品にあふれるエネルギーは、こうした若さゆえの残酷さに対する怒りから来ているのではないでしょうか。

早苗の作中での位置づけは?

胸糞の悪いいじめパートが続く中、ある種読者の癒しとなってくれるのが、早苗の登場シーンではないでしょうか。

どうしても人の感情を読み取ることができない早苗は、娘が死んで自堕落な生活を送っている安藤を、どうにかして立ち直らせようと努力します。

彼女は人の心が分かりません。それゆえ他人に誤解を与え、安藤とも関係性が途絶えそうになってしまいます。

しかしそんな彼女のひたむきさ、素直さが、徐々に安藤に人間としての心を取り戻していきます。

人の顔色ばかりを窺ういじめの犯人・真帆と、人の心を読み取れない早苗は対極に位置するわけですね。

そして真帆たちを悪とするのであれば、早苗はこの作品での良心にあたるわけです。

ストーリー上、不要にも思える早苗というキャラクターは、作者がこの作品を通して伝えたかったことの代弁者なのだと私は考えています。

ベタは何を表現していたの?

作中ではベタという熱帯魚が、大事なシーンで何度も出てきます。

加奈と最後に水族館で見たのもベタ、早苗と安藤が仲良くなるきっかけになったのもベタ、そして最後に安藤が早苗にプレゼントしたのもベタでした。

しかしこのベタがどう作品のテーマを反映しているの?と言われると、正直分かりません(笑)

繁殖期になるとオス同士で傷つけあうベタ。

う~ん、何か作者の伝えたいことが分かるような分からないような…。

ということで、なぜ作中にベタが何度も出てきたのかは、私には分かりませんでした。

他サイトの解説を見てもしっくりくる答えがないので、作者の方しか分からない答えなのかもしれません。

狂いたいけれど狂えない父親の苦悩にグッとくる

個人的に一番印象に残っているのは、娘を失った安藤の苦悩が描かれたパートでした。

娘の死を防ぐことが出来なかった主人公は、自分が生きていることにさえ罪を感じ、何度も自殺を図ります。

しかし生存本能に邪魔され、なかなか死ぬことはできません。

そして彼はいっそ狂って、すべてを忘れてしまいたいと願うようになります。

このあたりの父親としての苦悩は、よく描けていたと思います。

ページから伝わってくるぶつけようのない憎しみに、思わず息が苦しくなってしまいました。

そして何をしても娘は戻ってこないという悲しみには、思わず胸がぐっと締め付けられてしまいました。

ミステリーとしては細かなところの粗が目立ちますが、作品全体にあふれるエネルギーが読者の胸を打つ良作だったと思います。

芦沢央さんの作品は初めて読みましたが、他にも面白そうな作品がたくさんあるようなので、これから追いかけていこうと思います。

スポンサーリンク
336
336

シェアする

フォローする