笑うハーレキン

シェアする

笑うハーレキン

久々に道尾秀介さんの作品を読みましたが、やはり安定感のある良作でした。面白くて、ちょっといい話で、手軽に読める本を探している人におすすめです。

スポンサーリンク
336

笑うハーレキンのあらすじ

久々に道尾秀介さんの作品を読みましたが、やはり安定感のある良作でした。面白くて、ちょっといい話で、手軽に読める本を探している人におすすめです。
本文下部にネタバレパートあり

笑うハーレキンのあらすじ

経営していた会社も家族も失い、川辺の空き地に住みついた家具職人・東口。仲間と肩を寄せ合い、日銭を嫁ぐ生活。そこへ飛び込んでくる、謎の女・奈々恵。川底の哀しい人影。そして、奇妙な修理依頼と、迫りくる危険―!たくらみとエールに満ちた、エンターテインメント長篇。

序盤はちょっと退屈だな~なんて思っていましたが、話が進むにつれてページをめくる手も加速してしまいました。メッセージ性もあって、前向きになれる気持ちのいい作品でした。

笑うハーレキンのおすすめポイント

読者を飽きさせない展開の連続!小説家希望の方にもおすすめ!

ここ数年、道尾秀介さんの作品を読んでいなかったのですが、笑うハーレキンを読んで、本当に読者を飽きさせない天才だと痛感しました。ところどころ読者の関心を引くような展開を用意してくれるので、なかなか途中でやめることができません(笑)

小説家を目指している方にも、道尾さんの話を持っていくテクニックは非常に役立つと思います。

ベタですが、もう一度最初から読み返したくなります

序盤から細かな伏線が張り巡らされており、もう一度読み返すと細かな描写がたくさんあって面白いですよ。同じ会話でも一回目と二回目では全く違った印象をもってしまいます。

私が特にびっくりしたのは、東口が観ていた○○○のからくり。レビューを見てみると気づいていた人も多いらしいですが、私は全く気がついていませんでした(笑)

笑うハーレキンの感想

最近子どもが死ぬ物語がつらい…

まだ子どもはいないですが、最近子どもが死ぬ小説を読むと辛くなってしまいます。亡くなってしまった子どもも、残された家族も可哀想ですよね…。

笑うハーレキン自体はそんなに暗い話ではないのですが、随所随所に泣かせにくるポイントがあるので気をつけてくださいね。(もしかすると勝手に泣いてるだけかも…。)

うなぎって簡単に釣れるものなのかしら?

主人公や仲間のホームレスは、何かあるたびに川で釣ったウナギを食べているんですけど、ウナギってあんなに簡単に釣れるものなんでしょうか。

それとも彼らがウナギと言ってるだけで、本当は別の魚なの…?

確かに、東口も最初は胃が受け付けなかったと言ってるし、本当は違う魚なのかも。ウナギだったら喜んで食べちゃうだろうしな~。と、どうでもいいところが気になってしまいました。

以下ネタバレを含めて、もうちょっと細かく作品紹介していくので、見たくない方はここから先は読まないでくださいね!

この作品以外のおすすめ道尾作品を知りたい方はこちらをご覧ください。

独断と偏見で選ぶ!道尾秀介おすすめランキングTOP10! 

笑うハーレキンのネタバレ&気になる点

結局あの闇の組織?は何だったのよ

笑うハーレキンの後半の舞台となる謎の豪邸とお金持ちの老人。明らかにアッチ系の人々なのですが、結局何をやっているかは分からず仕舞いでした。

村上春樹にも毎回思うのですが、私はこういうモヤモヤしたまま終わるのは嫌いなんですよね。全てを語らないからこそ怖さが出るのかもしれませんが、今回は絶対設定も練り込まれてないと思うんですよね。

いまいち悪役に魅力がないと感じたのは、そこらへんが原因なのかと思います。ただ橋本!お前だけは許さない!

結局子どもが死んだ理由は何だったのよ

これ道尾さん忘れてるんじゃないかとも思うのですが、結局子どもが死んだ理由は何だったの?ってなりませんでしたか?

いや、増水した川に流されてしまったのは分かるんですが…、それだけなんですか?他の伏線が見事に回収されただけに、ここだけ手つかずに終わっているような気がするんですよね。

私の読解力が足りなかっただけの可能性大ですが、何かご意見のある方はよろしくお願いします。

ジジタキさん怖すぎ!

自殺する前にサンタを道連れにしたジジタキさん…。怖すぎじゃないですか?

あんなに可愛らしい子犬たちがいるのに、毒殺するんですよ?狂気ですよね。

あまりページ数も割かれていないので、一回目は読み流してしまいましたが、冷静に考えると一番怖いですよあの人。

悪いことを手伝ったから自殺するくらいいい人なのに、なんでサンタを殺してしまったのか。私にはまだジジタキさんの気持ちは理解できませんでした。

まとめ

後半は個人的に気になる点を挙げていったせいで、全体的に批判っぽくなりましたが、私はとても楽しく読むことができました!好きな作品の方が気になる点っていっぱい出てくるものですよね。ということで、この記事を読んで少しでも興味を持ってくれた方は、ぜひ笑うハーレキンを一読ください。

スポンサーリンク
336
336

シェアする

フォローする