私が彼を殺した

シェアする

今では売れっ子エンタメ作家?と評される東野圭吾さんですが、ミステリーマニア向けにも挑戦的な作品を幾つも生み出しています。その中でも私がおすすめしたいのはこの「私が彼を殺した」です。

本文内では犯人を明かさず、読者が探偵と同じように推理しなければならない今作品。同じ嗜好で作られた前作「どちらかが彼女を殺した」よりも、推理パート・ストーリーともに進化しています。
では、まずは簡単なあらすじからどうぞ。

スポンサーリンク
336

私が彼を殺したのあらすじ

婚約中の男性の自宅に突然現れた一人の女性。男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺をはかった。男は自分との関わりを隠そうとする。醜い愛憎の果て、殺人は起こった。容疑者は3人。事件の鍵は女が残した毒入りカプセルの数とその行方。加賀刑事が探りあてた真相に、読者のあなたはどこまで迫れるか。

今作品は3人の容疑者の主観視点で物語が進みます。またいずれの容疑者も殺人を犯したことを否定していない(思い込んでいる)ため、探偵と同じく読者も最後まで犯人は分かりません。

ミステリー好きなあなたは、誰が殺したのか分かりましたか?

私が彼を殺したのおすすめポイント

しっかり推理すれば、きっと犯人も分かります!

ミステリー小説を読んでいて、自分でも推理するという方はどれくらいいるでしょうか?

探偵と同じように何度も事件を整理して、細かな情報までチェックして推理している方はごく一部だと思います。しかし今作品では半ば強制的に探偵並みに頭を働かせることが強制されます。なんといっても最後まで読んでも犯人が分からないのですから(笑)

私も今作品を読むまでは、ミステリー小説の面白味は驚かされるかどうか、だけになっていた気がします。しかしミステリー小説はただ斬新なトリックが使われればいいというものではありません。読者が自ら推理して、犯人を当てたときの爽快感は、どんなトリックよりも遥かに気持ちがいいものです。

ということで、ただ驚かされるだけのミステリーに飽きたという方は、今作品でミステリー小説の原点に返ってみてはいかがでしょうか。

小説としてもストーリーが面白い!

また今作品は読者が推理するというコンセプトだけでなく、小説内のストーリーも面白いというのが凄いところです。

本格的なミステリーを書こうとすると、どうしてもステレオタイプな登場人物ばかりになりがちです。しかし今作品に出てくる登場人物たち(特に容疑者)には思わず感情移入してしまうのです。

登場人物たちの背景設定もさることながら、視点主に合わせて巧みに文調を操る東野圭吾さんの筆力には脱帽です。読んでいるだけで自然と情報が頭に入ってくるので、ミステリーオタクしか楽しめないということはないのでご安心を!

私が彼を殺したの感想

容疑者が可哀想…見逃してよ!加賀さん!

今作品は容疑者全員が同情したくなる事情(兄の貴弘は微妙かも…)を抱えており、加害者があまりにも人間としてアレなことから、思わず加賀さんに見逃して!とお願いしたくなります。

東野圭吾さんは同情したくなる犯人を書かせるのが上手ですね。「白夜行」しかり、「容疑者X」の献身しかり。もしかすると、日本人は同情できる犯人というのは好きなのかもしれませんね。

まあ、そんなわけで犯人に同情した私は、犯人を当てずに終わらせましたよ。…はい、普通に解けませんでしたね(笑)普段なまけてミステリー小説を読んでいる人は、ちゃんとメモとか取らないと難しいと思います。(笑)

しかし問題が解けなくても、文庫本版であれば巻末に解説袋とじが付いているのでご安心ください。ただ、中古だと破られている可能性が高いので、出来れば新品で購入することをおすすめします。

それでは、本格ミステリーに挑戦したいという方は、ぜひ「私が彼を殺した」に挑戦してみてくださいね!

またそれ以外に東野圭吾さんは多くの本格ミステリー作品を書いているので、こちらのおすすめ特集もご覧ください。

東野圭吾隠れた名作おすすめBEST10

スポンサーリンク
336
336

シェアする

フォローする