闇に香る嘘のあらすじと感想(※一部ネタバレ)【第60回江戸川乱歩賞作品】

シェアする


ミステリー界の大御所・有栖川有栖が「絶対評価でA」と絶賛した今作品。

第六十回江戸川乱歩賞を受賞し、各ミステリーランキングでも上位に選ばれるなど、文句なしの傑作です。

盲目の主人公を描くという難しい障壁にチャレンジしつつ、すべての伏線を回収するラストは鳥肌もの!

ということで、今回はプロの作家も唸る歴史に残るミステリー小説「闇に香る嘘」のあらすじや解説を書き綴っていきます。

スポンサーリンク
336

闇に香る嘘のあらすじ

27年間兄だと信じていた男は何者なのか?村上和久は孫に腎臓を移植しようとするが、検査の結果、適さないことが分かる。和久は兄の竜彦に移植を頼むが、検査さえも頑なに拒絶する兄の態度に違和感を覚える。中国残留孤児の兄が永住帰国をした際、既に失明していた和久は兄の顔を確認していない。竜彦は偽者なのではないか?全盲の和久が、兄の正体に迫るべく真相を追う―。第60回江戸川乱歩賞受賞。

主人公である村上和久の孫・夏帆は生まれつき腎臓が悪く、人工透析を受けなければ生きることができず、年々状態は悪化していた。

自分の過去の過ちによって、不仲になってしまった娘・由香里との関係を取り戻すためにも、腎臓の移植を申し出るが、検査の結果、和久の腎臓は状態が悪く移植することは出来なかった。

そこで和久は、数年間顔を合わせていなかった兄に、腎臓の移植を申し出るのであった。

しかし兄の竜彦は、和久や由香里がどれだけ頼んでも、移植に応じることはなく、検査も断固拒否する姿勢を貫く。

そんな兄の姿を見て、和久は兄が偽物なのではないかと疑いを持ち始める。

中国残留孤児として27年前に帰国した兄・竜彦は本物なのか、盲目というハンデを背負いながら真相を明かそうとする和久のもとへ、本物の兄と名乗る男から電話がかかってきます。

果たして27年前に感動の再開を果たした兄は本物なのか、そして孫の夏帆は無事腎臓を移植することができるのか―。

盲目になり、すべてを失ってしまった男が、人生を取り戻すため懸命にもがきます。

ということで、もう少し内容に踏み込んだネタバレは、レビューのあとに書いていくので、まだ未読の方はまずは自身の目で読んでみることをおすすめします。

盲目という設定を活かしたスリリングな展開が面白い!

今作品の主人公は盲目なので、外に出て見知らぬ土地へ行くだけ、何度もピンチに陥ります。

晴眼者が主人公では描くことができないスリル、この作品では盲目の人たちの恐怖を見事に描き切ったと思います。

※主人公は後天的に視力を失ったため、先天的に盲目の人よりも行動範囲はかなり狭いです。

ただ書く側としては、盲目の主人公というのはかなり大変だったと思います。

探偵役の主人公の行動が制限されてしまえば、それだけ読者に手がかりを提示するもの困難になります。

また情景描写もすべて匂いや音で表現しなければならず、読者の想像力を掻き立てるのも大変だったと思います。

こうした書き手に制限を課す挑戦的なミステリー小説は最近出てきていなかったので、最後まで楽しんで読むことができました。

伏線をすべて回収する気持ちのいいミステリー

闇に香る嘘では、序盤からこれでもかというほど伏線が用意されています。

読者が気付くものから、「これが伏線になるのか!?」と驚くものまで、細かに張り巡らされた伏線こそ、この作品最大の魅力だと思います。

また読者に投げるのではなく、すべての伏線を丁寧に回収していくのも、最近のミステリー小説では珍しいですよね。

そのため頃ミステリー小説を読まない方でも、楽しむことが出来る作品だと思います。

社会問題にも切り込むチャレンジ精神がすごい!

この作品では「中国残留孤児」という社会問題が大きなテーマとなっています。

国の政策によって、満州へと移り住んだ日本人たちは、戦争に負けたことで逃げるようにして中国の地を後にしました。

そんな中、多くの子供たちは親と離れ離れになってしまい、中国に取り残されてしまったのです。

日本で生まれた日本人が中国へ取り残され、見捨てられた棄民として何十年も放置されることとなりました。

中国と外交を回復してからも、未だに解決したとはいえない中国残留孤児問題。

今の時代に生きる私たちだからこそ、直視しなければならない社会問題にも切り込んだ、読んでよかったと心から思える作品でした。

ここからは作品の中身をもう少し踏み込んで解説していくので、ネタバレが嫌な人はご注意ください。

闇に香る嘘のあらすじ※ネタバレ注意

本物の兄と名乗る男の正体とは?

本物の兄を名乗って電話を掛けてきた男は「村上竜彦」ではなく、赤ちゃんの頃に生き別れになった、「和久」の本当の兄(双子)でした。

実は和久の正体は、実の母親から口減らしのために殺されようとしていた中国人の子どもだったのです。

「日本人に土地を奪われたせいで、食べていくことができなくなった!」

と怒り狂う中国人の母に、和久を育ててくれた日本の母は、頭をこすりつけて土下座し、井戸に捨てられようとしていた和久を代わりに育てると頼み込んだのでした。

そして兄の竜彦が腎臓の検査を拒否していたのは、自分が偽物であることを隠すのではなく、和久の出生を隠すためだったのでした。

すべての事実を知った和久は、盲目から疑心暗鬼になり、大切な家族を疑ってしまった自分を恥じます。

そして血のつながりよりも強い家族の愛を知った和久は、再び家族との絆を取り戻すのでした。

実の兄から無事肝臓も移植

血のつながった実の兄を見つけたことによって、孫の夏帆は無事に肝臓の移植手術を受けることができました。

本来であれば不法入国者である兄が移植手術を受けることはできませんが、双子に兄ということもあり、兄の和久に成りすまして手術を受けたのでした。

謎の男たちに本当の兄の居場所を問い詰められた際、口を割らなかった和久の想いが、実の兄の心をを動かしたのです。

血のつながりを取るか、それとも一緒に家族として暮らしてきた時間を取るか。

2つの狭間で揺れていた主人公ですが、最終的にどちらも捨てることができない大切なものであると教えてくれました。

と、今作品の大まかなあらすじや結末を紹介しましたが、これ以外にも細かに伏線が張り巡らされており、すでにオチを知っている方でも充分に楽しめる作品となっています。

ここまで読んで気になってきた方は、文庫文化もされているので、ぜひ自身の目で読んでみてくださいね。

今回は第60回江戸川乱歩賞受賞作品「闇に香る嘘」のあらすじと解説を紹介しました。

スポンサーリンク
336
336

シェアする

フォローする