罪の余白

罪の余白

愛する娘を失ったとき、父親はどうなるのか―。 まだ子どもを持たない私には本当の意味で理解できていないのかもしれませんが、この小説の...

スポンサーリンク
336
336