我孫子武丸の絶対読んでおくべきおすすめ小説ベスト7!

シェアする

我孫子武丸おすすめ小説

かまいたちの夜の原作者としても知られる我孫子武丸さん。

作品はすごく面白いのに、いまいちミステリーファン以外からの知名度は低いですよね…。(いきなり失礼なことを言ってすみません)

そこで今回はミステリーに興味がある人なら、絶対読んでおくべき我孫子武丸さんのおすすめ作品をご紹介!

現代ミステリーの基本を作った一人なので、読んでおいて損はないですよ!

スポンサーリンク
336

0の殺人

物語の冒頭に置かれた〈作者からの注意〉に、驚くべきことに、奇妙極まりない殺人劇の容疑者たち四人のリストが公開されている。この大胆かつ破天荒な作者の挑戦に、果してあなたは犯人を突きとめられるか?ご存知、速水警部補と推理マニアの弟と妹が活躍する、異色の傑作長編推理。

私が初めて読んだ我孫子武丸さんの作品。

速水三兄弟シリーズの2作目で、個人的には一番おすすめしたい一冊です。

冒頭の作者からの注意書きで、いきなり犯人の候補が4人に絞られるという斬新な構造。

そしれラストで明かされる意外すぎる事件の真相に、思わず手を叩いて笑ってしまいました。

ミステリ―ってこれぐらいシンプルなオチが一番面白いと思います。

メビウスの殺人

大東京を恐怖のどん底につき落とす連続殺人が発生。犯行は金槌によるメッタうちと絞殺が交互する。犯人は一人か、あるいは別人か。現場には常に謎の数字を記したメモが…。被害者たちを結ぶ“失われた環”を探せ。ご存知速水三兄妹がつきとめた驚愕の真相とは?奇想天外な推理の新旗手の長編第三作。

先ほど紹介した速水三兄弟シリーズの三作目。

被害者同士を繋ぐミッシングリンクを探せ!というお話。

正直アリか?と思うようなオチですが、あの時代の本格ミステリが好きな方なら楽しめると思います。

0の殺人を読んだあとなら、タイトルから色々と想像してしまうと思いますが、ちゃんと裏切ってくれるのでご安心を。

探偵映画

映画界の鬼才・大柳登志蔵が映画の撮影中に謎の失踪をとげた。すでにラッシュも完成し、予告篇も流れている。しかし、結末がどうなるのか監督自身しか知らないのだ。残されたスタッフは、撮影済みのシーンからスクリーン上の犯人を推理していく…。『探偵映画』というタイトルの映画をめぐる本格推理小説。

序盤からいかにも…という伏線が散りばめられ、果たしてどう落とし前をつけるのかとハラハラしていましたが、見事に伏線が回収されるラストはお見事です。

トリックの一部がとんでもないキワモノなので、バカミスと紙一重なところもありますが、あまり深く考えない方が楽しめると思います。

構成を巧みに操り、読者を騙す安孫子先生の手腕には脱帽です。

殺戮に至る病

永遠の愛をつかみたいと男は願った―。東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。犯人の名前は、蒲生稔!くり返される凌辱の果ての惨殺。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。

言わずとしれた日本ミステリー史に残る傑作。

ミステリーランキングなんか見ると、大抵この作品はランクインしていますね(笑)

残酷な描写が多く、ただのグロテスク小説と思ったら大間違い。

冒頭から仕掛けられた大仕掛けに、あなたもきっと騙されるはず!

この作品を参考にしたミステリーも多いので、読んだ時期によって評価が変わるかもしれないですね。

まだ未読の方は本当にラッキーです!ぜひネタバレなしで読んでくださいね。

弥勒の手

愛する妻を殺され、汚職の疑いをかけられたベテラン刑事・蛯原。妻が失踪して途方に暮れる高校教師・辻。事件の渦中に巻き込まれた二人は、やがてある宗教団体の関与を疑い、ともに捜査を開始するのだが…。新本格の雄が、綿密な警察取材を踏まえて挑む本格捜査小説。驚天動地の結末があなたを待ち受けます。

宗教関連の話題が出て来るので、ちょっと面倒?と思ったけどとんでもない。

30ページ読めば、作品の世界にどっぷりはまり込んでしまいました(笑)

私の好きなパターンのトリックだったので、大満足の一冊です。

安孫子さんは本当にストーリーの組み立てが上手だなと思います。

裁く目

漫画家になり損ね、浅草の路上で似顔絵を描いて生計を立てている袴田鉄雄。あるとき、彼の腕前を見込んだテレビ局の人間から、「法廷画」を描いてほしいという依頼が舞い込む。注文通り描いた絵が、テレビで放送された直後―鉄雄は頭を殴られて昏倒する。彼は一体、何を描いてしまったのか?

法廷画を題材にするという斬新な作品。

どこで読者を驚かせようとしているのか…と、待ち構えていると、本当に予想外の結末が!

実際の事件を下敷きにしているのも、我孫子作品では珍しいですね。

またこの作品は、サブキャラクターの味もあって、トリック以外の部分でも読ませてくれます。

新しい我孫子武丸作品を、見せつけられたような感じです。

人形はこたつで推理する

鞠小路鞠夫―私が密かに思いを寄せる内気な腹話術師・朝永嘉夫が操る人形の名前です。出会ったのは幼稚園のクリスマス会。園で飼っている兎が死んだ事件を見事な推理で解決してくれました。そう、「彼」は実は頭脳明晰な名探偵だったのです。異色の人形探偵コンビが大活躍する青春ユーモア・ミステリー。

表題でもある「人形はこたつで推理する」を含めた、全四作の短編集。

腹話術師が操る人形が探偵役という一風変わった作品。

トリックはもちろんですが、登場人物のキャラあがなにより好きでした。

一応殺人事件もありますが、平和なお話が多いので、グロ描写が苦手な人にもおすすめ!

続編も出ているので気に入ったらぜひ読むべし。

ネットで調べて初めて知りましたが、漫画化もされているみたいですね。

ネット上で読めるみたいなので、気になる方はぜひ探してみてください。

ということで、今回は我孫子武丸さんの、ミステリー好きなら絶対読んでおくべき作品6冊を紹介しました。

今のミステリーの礎を築いた偉大な作家なので、最近ミステリーにハマってきたという方は是非読んでくださいね!

またとにかく面白いミステリーを探しているという方は、こちらの記事で当サイトがおすすめするミステリー小説を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

厳選!おすすめミステリー小説ランキングベスト50【国内+海外】
あなたはミステリー小説は好きですか? 私は数ある小説のジャンルの中でも、ミステリーが特に大好きです。 恐ろしい事件から始...
スポンサーリンク
336
336

シェアする

フォローする