ファンが選ぶ!西尾維新おすすめ小説ランキングベスト3!

シェアする

ファンが選ぶ!西尾維新おすすめ小説ランキングベスト3!

とにかくぶっ飛んだ世界観にぶっ飛んだキャラ、ぶっ飛んだストーリー。

西尾維新さんの読む人を引きずり込む強烈な作品は、一度ハマってしまうとなかなか抜け出すことはできません。

今回はそんな西尾維新作品にどっぷりハマってしまったファンが選ぶ、「絶対に面白い西尾維新作品ベスト3」を発表!

数ある作品の中から選びぬいた3作品なので、まだ西尾作品を読んだことがないという方は、ぜびこのランキングを参考に読み進めていってください!

スポンサーリンク
336

3位「零崎双識の人間試験」

「零崎一賊」―それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一族。その長兄にして切り込み隊長、“二十人目の地獄”にして奇怪な大鋏“自殺志願”の使い手、零崎双識が赴いた行方不明の弟さがしの旅は、未曾有の闘争劇の幕開けだった!息をもつかせぬ波乱の向こう側に双識を待つものは…!?新青春エンタの最前線がここにある。

「零崎双識の人間試験」は↓で紹介している2位に挙げた戯言シリーズのスピンオフ作品です。

こちらの作品もシリーズ化されていて、ファンの間では人間シリーズと呼ばれています。

零崎人識が所属する殺人ギルドの「零崎一賊」に視点を合わせた構成で、戯言シリーズとは対極的な内容になっています。

戯言シリーズは推理パートが多めなのに対して、この人間シリーズでは戦闘シーンが多め。

「零崎双識の人間試験」では零崎一賊の長兄である零崎双識の、殺人鬼ならではの異様なライフワークが描かれています。

通りすがりの人から敵まで、自分に関わった全ての人間の人間性を試す「試験」を行い、零崎双識がその人間の評価をするというもの。

これだけ聞くと、全然殺人鬼ならではじゃないと思うかもしれませんが、この試験の恐ろしいところは、合否に関わらず殺してしまうんです。

(たまに結果に関係なく、殺さないこともあるので気分次第なのかもしれませんが)

どうですか?一気にぶっとんだ設定の作品だと伝わったのではないでしょうか(笑)

物語自体はこんな性格の零崎双識が、行方不明の弟を探しに旅に出るんですが、他のキャラクターも個性的で読者を飽きさせません。

あまりネタバレはしたくないのですが、個人的にはその旅で出会うキーパーソンである普通の女子高生「無桐伊織」が物語が進む中でどんどん「零崎」に染まっていく過程に注目です。

どこにでもいる普通のJKだった彼女が、狂気の世界にハマっていく姿はゾッとします。

「異常」を「正常」と捉える西尾維新さんの良さが出る良い作品なので、未読の方はぜひ読んでみてください。

ただ残虐なシーンが多々あるので苦手な方はご注意を。

戯言シリーズを読んでいなくても楽しめますが、戯言シリーズのスピンオフ作品なので、戯言シリーズで出てきたキャラが出てくることがあります。

なので、人間シリーズを読む前に戯言シリーズを読んだ方が楽しめると思います。

2位「クビシメロマンチスト‐人間失格・零崎人識」

人を愛することは容易いが、人を愛し続けることは難しい。人を殺すことは容易くとも、人を殺し続けることが難しいように。生来の性質としか言えないだろう、どのような状況であれ真実から目を逸らすことができず、ついに欺瞞なる概念を知ることなくこの歳まで生きてきてしまった誠実な正直者、つまりこのぼくは、五月、零崎人識という名前の殺人鬼と遭遇することになった。それは唐突な出会いであり、また必然的な出会いでもあった。そいつは刃物のような意志であり、刃物のような力学であり、そして刃物のような戯言だった。その一方で、ぼくは大学のクラスメイトとちょっとした交流をすることになるのだが、まあそれについてはなんというのだろう、どこから話していいものかわからない。ほら、やっぱり、人として嘘をつくわけにはいかないし―戯言シリーズ第二弾。

西尾維新さんのデビュー作である「クビキリサイクル青色サヴァンと戯言遣い」の続編です。

このシリーズは戯言シリーズと呼ばれており、主人公「ぼく」の周りで起きる殺人事件を探偵として解決していくという推理小説風の作品です。

先に言っておきます。

どの作品から読んでもネタバレは少ないと思うので楽しめますが、もちろん最初っから読んだ方が圧倒的に楽しめますので、もしお時間があれば1作目の「クビキリサイクル青色サヴァンと戯言遣い」から読むことをおすすめします。

物語の舞台は京都、主人公のぼくがクラスメートの親友の誕生パーティーに誘われるところからスタートします。

それと同時にぼくは連続殺人犯でサブタイトルにもなっている「零崎人識」と出会います。

普通の推理小説では大概初めは犯人が明かされておらず、主人公や探偵と接触するところから始まり、タネ明かしをした後の面白みがやってくるんですけど、この作品は一味違います。

なんと初めから殺人鬼と分かっている零崎人識とぼくは出会い、シンパシーを感じていくのです。

そして、この作中でぼくは零崎人識の事件に積極的に関わろうとしないのですが、それはぼくが探偵としての教示を忘れてしまったのか、それとも……。

その謎は物語の最後で明かされます。

西尾維新さんの作品の中では初期の作品なので、文体がくどかったり読みにくかったりするかもしれませんが、このページを読んで下さっている皆さんは西尾維新さんに興味があると思うので読んでみて損はないと思います。

1位「化物語」

阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった―!?台湾から現れた新人イラストレーター、“光の魔術師”ことVOFANと新たにコンビを組み、あの西尾維新が満を持して放つ、これぞ現代の怪異!怪異!怪異。

言わずと知れた「物語シリーズ」のシリーズ第一弾です。

西尾維新さんの魅力が詰まった作品になります。

このシリーズは、主人公の「阿良々木暦」が町に現れた女吸血鬼を助けたことで吸血鬼もどきの人間になってしまい、その後、「怪異」と呼ばれる不思議な出来事や妖怪などの類の謎に立ち向かい、事件を解決するという物語です。

作品ごとにフィーチャーされるキャラクター(ヒロイン)がいて、そのキャラクターが怪異に遭遇し、それを阿良々木暦が助けるんですが、このヒロインたちが一癖も二癖もあるキャラクターばかりでして。

この「化物語」で描かれるヒロインは「戦場ヶ原ひたぎ」という女の子。

物語はこの女の子が「おもし蟹」という怪異に体重を鋏で切り取られてしまうのです。

この蟹の怪異に立ち向かうのが何を隠そう吸血鬼もどきの人間である主人公。

もうこの時点で面白そうですよね。

西尾さんが描く一癖も二癖もあるキャラクターたちが、テンポのいい笑える掛け合いをしながら物語を進めるギャグパート。

物語の終盤には彼女はなぜ怪異と出会ったのか、彼女の過去に何があったのかが明かされるシリアスパートと、物語の中で山あり谷ありどの場面も楽しむことができると思います。

以上でトップ3の発表を終わりますが、一応順位はつけたものの正直なところこの3作品に優劣なんてほとんどありません。

どの作品も面白いんですよ。

西尾維新さんの作品を1作でも読んでみてその世界観に浸れちゃう人であれば、作品は多いですが一気読みできるくらいの中毒性はあります。

この記事で西尾維新さんの魅力を余すことなく伝えるのは魅力がありすぎて無理です。

皆さんの目で読んで感性で感じて下さい。

スポンサーリンク
336
336

シェアする

フォローする